おかげさまで第10回のテイスティング会を終えることが出来ました

参加くださいました皆様に深く感謝いたします

また今後もどうぞよろしくお願いします


さて、1980年代は悲劇の閉鎖年

理由は様々でしょうが、ハードリカー離れ、企業の買収など考えられます

その中でも1983年に閉鎖した蒸留所の地区別の3本をお題に、

さらにスコットランドの伝統料理フィッシュ&チップスを

肴に愉しむという内容でした


まず
ハイランド地区グレンアギー蒸留所

スコットランドの最東に位置したこのグレンアギー

近くにインヴァネッティという村があるため、

創業当時はインヴァネッティ蒸留所と呼ばれていました


        

シグナトリー社
1977/10/18〜2006/3/13 28年
ホグスヘッド 45.5%

トップノートは、フルーティ、バナナチップス

次第にやわらかい甘味・・・クッキーを感じます

テイストはビターなクリーム感、少し酸味

余韻は、ビターでスパイシー

飲み干したグラスからは、非常にバター香やバニラ香が立ち上がります


次はスペイサイド地区からコールバーン蒸留所

ブレンデッドウイスキー「アッシャーズ」のキーモルトだったようで

順調かと思われたが、突然の閉鎖決定

        

シグナトリー社
1970/1/13〜2006/3/14 36年
ワインパンチョン樽 62.4%

36年にして62.4%

この不可解な・・・いや、今まで出会ったことのない数字に

興味を魅き、お題に上げてみました

度数が度数なだけに、香りが立つのも遅く みなさん結構放置してから

香りを愉しんでいるようでした

私もそうさせてもらいました

トップノートはさすがにこの度数ですから、ツーンとアルコール臭ですが、

徐々にアミノ、森林・・・そしてやっと甘い香りが上がってきます

硫黄系の香りを除けば、やわらかいウッディさも

味わいは思いのほかやわらかく、甘く・・・

余韻も長く、次第にビター・・・ビターチョコ

度数を感じさせないこの口当たりに驚きです

加水してみると・・・

思ったほど、やわらかい香りにはなりませんねぇ

・・・いや、次第に非常にやわらかい表情を出し始めました

柑橘系の繊細な香りを持つモルトのようです

秘密は樽にあるのでしょうか?

ワインのパンチョン樽

とても勉強になるモルトです

味わいはビター、オイリーさが出て・・・私は飲みにくさを感じてしました

熱冷ましの薬のような印象です

私にはストレートが合うようです



最後にアイラ島からポートエレン蒸留所

現在はディアジオ社所有の製麦工場として活用されています

アイラモルト人気、ストック限りということで、まだボトラーズでも

多く見かけますが、83年のファイナルビンテージを皮切りに

だいぶ底をついてきた感じがします

        

オフィシャル 2ndリリース
1978〜2002 24年
59.35%

トップノートは、ハード過ぎないスモーク香・・・燻製後の海産物

潮の香りといいますか、さわやかなスモーク香

好きな香りです

マイルドな味わい・・・うん!!アイラモルト

酸味も感じます

そして余韻もじっくりとスモーキー、ビター

このポートエレンを飲んでいると有り難味を感じてしまいます

もうこれから先そんなにポートエレンを幾つも、

口に出来なくなるかと思うと感謝の気持ちです



そして、今回奮闘したフィッシュ&チップス

画像を撮り忘れ、試作した時の物しかありませんが

こんな感じでした

        

自画自賛してしまうとちょっとイタい感がありますが

よく出来た方だと思いました
隠し味には、ちゃーんとアイラエール♪♪

送料の方が高かったモルトビネガー♪♪

皆さんには、味が薄かったようで、「美味しい粗塩」も人気^^;


さてさて、今回のテイスティング会皆さんはお題のモルトウィスキーに

どんな印象を受けましたか?

いずれ 幻になってしまうモルト達に出会えたことに、

私はそれだけでも非常に満足しています



             ホームページトップヘ
              イベントトップへ
  


第10回 閉鎖蒸留所シリーズ 〜1〜 2008.4.19(土)

イベントトップへ
ホームページトップヘ