ホームページトップヘ
イベントトップへ

第11回 閉鎖蒸留所シリーズ 〜2〜 2008.7.12(土)

<ダラスデュー蒸留所>

1983年閉鎖

スペイサイド

1898年創設

オープン当初はダラスモアと名乗っていた

買収を繰り返し、所有者は転々、1983年に突然の閉鎖

現在 建物は「スコットランド歴史的建造物および記念碑保存委員会」に寄贈され、

モデル蒸留所、博物館として公開されている

年間に約2万人の観光客が訪れるほど

 

スコッチモルトウィスキー・ソサエティ(SMWS)

ダラスデュー 1975−2007 31y 47.4%

リフィルバレル

【コメント】

香り・・・トップノートはレーズン、その後フルーツパイ、アマレット

味 ・・・甘く、オイリーそしてビター

余韻・・・長くビター、スウィート、次第にドライに

加水してみたもののさほど大きな変化はない、弱まった印象


<グレンバーギ蒸留所の「グレンクレイグ」>

スペイサイド

グレンクレイグを造っていたグレンバーギ蒸留所は、現在もバランタインに

供給するモルトとして健在。

1958年〜1981年までローモンドスチルを一部導入されていた

その特殊なスチルで蒸留したモルトウィスキーをグレンクレイグという

 ローモンドスチルとは、ハイラム・ウォーカー社が開発したスチル
スチルの上部が円筒形をしていて、内部は連続蒸留機に似た仕組みになっている
過去、このスチルを導入した蒸留所は3箇所 インヴァリーブン(ローモンド)、
グレンバーギ(グレンクレイグ)、ミルトンダフ(モストウィ)にあったが、
現在は使用されていない 
このローモンドスチルに似たスチルを使用している蒸留所はスキャパ


 


ケイデンヘッド社

グレンクレイグ 1981−2003 22y 57.5%

バーボン・ホグスヘッド

【コメント】

香り・・・溶剤系のツーンとくる感じ、その奥にクリーミー、柔らかく

     かすかにバニラエッセンス

味 ・・・バランスよい甘い口当たり、マイルド

余韻・・・ドライでスパイシー

加水するとその表情がよく出て、一層膨らむ


<ローズバンク蒸留所>

1993年閉鎖

ローランド

1840年創設??

ローズバンクという名の前は、キャメロン蒸留所と名乗っていた

ローランドの伝統的な3回蒸留を行う蒸留所


 


ゴードン&マクファイル社

ローズバンク 1990−2006 15y 61.1%

リフィルシェリーバット

【コメント】

香り・・・フレッシュで柔らかく、上品な蜂蜜

味 ・・・円く、クリーミーで優しい

余韻・・・長くマイルドでゆっくりと

加水すると非常に上品なタイプに




             ホームページトップヘ
              イベントトップへ