第三回 テイスティング会  2006114()

『スコッチモルトとハギスの相性』

                

ハギス」・・・スコットランドの国民的料理

羊の肉や内臓(心臓、肝臓、肺)、血を玉葱とともにミンチし、カラス麦を加え、ハーブ、

塩、こしょうで味付けしたものを羊の胃袋に詰めて、茹でて食べる。

スコットモルトと相性がよいといわれ、モルトを振りかけてもよし。


「バーンズ・ナイト」
・・・スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズ

1759〜1796)の誕生日1月25日(1759〜1796)を祝うお祭り。

この伝統が実際にいつから始まったのか定かではありませんが、ロバート・バーンズが亡く

なった後に、はじまったものといわれています。

        
   (いつものように準備はOK)      (さて、さて始めますか!?)


【今回のモルトたち】

「ベンローマック オーガニック」

   


スペイサイド

所有者・・・GM社(ゴードン&マクファイル社)

エルギンにある独立瓶詰業者。

1992年ベンローマック蒸留所を買収、蒸留業者としてもスタート。

GM社の海外営業担当、デレク・ハンコック氏が来日して、英国大使館で展示・試飲会が

行われた。

その時の新商品、有機栽培大麦を使った「オーガニック・ベンローマック」

すでに、オーガニック・ウィスキーはスプリングバンクやブルイックラディでも製造されて


いますが、ベンローマックでは徹底して有機栽培、無農薬にこだわったという。

さらに大麦だけではなく、使用する酵母も樽もすべてオーガニックだという。

このウィスキーはバーボンバレルではなく、新樽のアメリカン・ホワイトオーク樽を使用

全世界で2400ケース、1万4400本のみ

    香り・・・やわらかい、リンゴの皮

    味 ・・・おっとりと、麦芽

    フィニッシュ・・・スムーズ

    ハギスとは・・・可もなく不可もなく、すんなりいけるといった感じ





「グレンオード」

  

ハイランド

所有者・・・UDV社
グレンオードは初めて蒸気の蒸留製法を採用した蒸留所です。

オーナーもよく代わり、その度に所名が変更されました。

ミュア・オブ・オードだったり、オードだったりと・・・。

ブレンデッドの「デュワーズ」にモルトを供給されています。

このグレンオードはSMWS(スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ)の物。

SMWSは1983年エジンバラに誕生した会員制のクラブ。

シングルカスク、ノンチルで瓶詰めされています。

香り・・・フレッシュ、フルーティ

味 ・・・甘酸っぱく、フルーティ、重厚感

フィニッシュ・・・長く、ゆっくりと

ハギスとは・・・フルーティなハギスに、女性的な印象に

「スプリングバンク」

  

キャンベルタウン

所有者・・・J&A・ミッチェル社

現在J&A・ミッチェル社が所有する蒸留所は2つ、グレンガイルとこのスプリングバンク。


スプリングバンクでは異なった製法から、3タイプの銘柄を出しています。

スプリングバンクやロングロウやヘーゼルバーンです。

このモルトは「ダグラス・レイン社のOld Malt Caskシリーズ」

スプリングバンク 1994年 6月蒸留−2004年 10月瓶詰の10年物

合計542本瓶詰めされた内の1本です。

ノンチル、ノンカラーリングでアルコール50%に加水されています。

香り・・・潮風、フルーティ

味 ・・・なめらか、かすかにシナモン

フィニッシュ・・・スムーズ、キレ、ピリッと

ハギスとは・・・もわっとしたハギスを引き締め、美味





 (ご参加された方から、おいしいトマトの差し入れ^^;)








ロバート・バーンズの詩・・・代表作「蛍の光」

Auld lang syne(蛍の光)」

1

Should auld acquaintance be forgot,

and never brought to mind ?

Should auld acquaintance be forgot,

and auld lang syne ?

CHORUS

For auld lang syne, my dear,

for auld lang syne,

we'll tak a cup o' kindness yet,

for auld lang syne.

2

 And surely ye'll be your pint-stoup !

And surely I'll be mine !

And we'll tak a cup o' kindness yet,

for auld lang syne.

(CHORUS)

3

We twa hae run about the braes,

and pou'd the gowans fine ;

But we've wander'd mony a weary fit,

sin' auld lang syne.

(CHORUS)

4

We twa hae paidl'd in the burn,

frae morning sun till dine ;

But seas between us braid hae roar'd

sin' auld lang syne.

(CHORUS)

 5

And there's a hand my trusty fiere !

And gies a hand o' thine !

And we'll tak a right gude-willie waught,

for auld lang syne.

(CHORUS)


「蛍の光」(大意)

 1

旧友は忘れていくものなのだろうか、
古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。

(コーラス)

 友よ、古き昔のために、
 親愛のこの一杯を飲み干そうではないか。

2

我らは互いに杯を手にし、いままさに、
古き昔のため、親愛のこの一杯を飲まんとしている。

(コーラス)

3

我ら二人は丘を駈け、可憐な雛菊を折ったものだ。
だが古き昔より時は去り、我らはよろめくばかりの距離を隔て彷徨っていた。

(コーラス)
  
  4

我ら二人は日がら瀬に遊んだものだ。
だが古き昔より二人を隔てた荒海は広かった。

(コーラス)

5

いまここに、我が親友の手がある。
いまここに、我らは手をとる。

いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ。
古き昔のために。

(コーラス)



               ページトップへ

              
             ホームページトップヘ

ホームページトップヘ
テイスティングトップへ