第4回 テイスティング会   2007.1.27()

【牡蠣とアイラモルトの相性】


  

          

アイラ島


インナーヘブリディーズ諸島、最南端にある島。

面積は約637平方キロ、日本でいえば淡路島(約592平方キロ)と同じくらいの面積。

人口は約3400人。

アイラ島の蒸留所はブナハーブン、カリラ、アードベッグ、ラガヴーリン、ラフロイグ、

ポートエレン(1983年閉鎖)、ボウモア、ブルイックラディ、キルホーマン

(2005年)の8(9)ヵ所。

一般的には、潮の香り、スモーキー、ヨード臭、ピート香をもつモルトが多いが、

全くピートを使用しない、軽く、やわらかいタイプのブナハーブンもある。

       Googleマップより

【アードベッグ蒸留所】
  


アードベッグ・・・ゲール語で「小さな岬」、「小さな丘」という意味。

創業は1815年、幾度となく所有者が変わったが、97年グレンモーレンジ社がオーナー

になり甦った。現在はモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン社の傘下。。

仕込み水はウーガダール湖とアイアナ湖。

Gordon&MacPhail社」

ゴードン&マクファイル社はスコットランド エルギンに構えるボトラーズの老舗。

蒸留したばかりの原酒を買い取り、独自のシェリー樽に詰め、

巨大な熟成庫で熟成させ、膨大な樽の在庫を誇るところ。

コニッサーズチョイスシリーズ」(鑑定家の選定)

グラスに注いでいるときに感じた香りは一番好印象でした。

フレッシュ感があり、思わず「今、飲みたい!!」と思ったほどでした。

最初に感じる香りは、ヨードですが、次第に香りが開いていきます。

生牡蠣には、ちとハードではなかったのでしょうか?


「アードベッグ 27y 1978〜2005


  香り・・・ヨード、レモンの皮、バーベキュー後の炭


  味・・・マイルド(糖)、酸味少々、スモーキー


  フィニッシュ・・・ドライ、長くスモーキー


【カリラ蒸留所】
  

カリラ・・・ゲール語で「アイラ海峡」という意味

創業は1846年、現在所有者はディアジオ社

アイラ島の蒸留所の中では最大級の蒸留所。

このアイラ海峡は狭いところで800mほどの幅なので潮の流れも速い、

蟹やロブスターの漁場。そのためかアザラシの生息地でもある。

ディアジオ社の「花と動物シリーズ」のラベルにはアザラシが描かれている

Maitland社」

メイトランド社はスコットランド アバディーンにあるボトラーズ会社。


「Sound of Islay」
とラベルに書いてあります


れは「アイラ海峡」のことを意味する英語です。

「アイラ海峡」といえば、ゲール語でCAOL ILA」アイラ島とジュラ島の間の海峡の

ことです。

そのカリラ蒸留所のシェリー樽(オロロソ)で熟成されたカスクストレングス (56.4%)

グラスに注いでいるときに感じた香りは、カスクストレングスというだけあって

アルコール臭、硫黄を感じました。

このカリラを試飲する前にご希望の方のみ、
シェリー(オロロソ)を試飲してみたのですが、

やはり!!


と思える似た香りを感じるところがあったと思いました。


正直、樽の影響というものが少し垣間見た感じがして面白かったです。

「カリラ 13y カスクストレングス(56.4%)」

 香り・・・オロロソだと分かって嗅ぐからかもしれないが、
     
      オロロソ特有の甘みと酸味、その奥にスモーキーさが出てくる

 味・・・甘く、マイルド、フルーティー、加水すると甘酸っぱく

 フィニッシュ・・・軽くスモーキー



【ラフロイグ蒸留所】
  

ラフロイグ・・・ゲール語で「広い入り江の美しい窪地」という意味。

創業は1815年、現在所有者はフォーチュン・ブランズ社

オフィシャルボトルには、ファーストフィルのバーボン樽しか熟成に使用しないという

こだわりようということなのだが・・・今回はシェリー樽のラフロイグ。

SAMAROLI社」

サマローリ社
はムーンインポート社と2大ボトラーと呼ばれるイタリアのメーカー

オーナーのシルヴァーノ・S・サマローリ氏が自らテイスティングして

厳選したモルトだけをボトリングしたラフロイグ蒸留所の物

1988〜2005 17y シェリー樽(フィノ) 45%

カリラ、アードベッグ、そしてこのラフロイグと順に試飲していくと

何かもう一つインパクトが・・・と思った方もいたかもしれませんが、

私はこのモルトをスタイリッシュなイタリアンと感じました。

生牡蠣とはちと厳しかったかもしれませんね(想像です)

 「ラフロイグ 17y」

香り・・・フィノ、白ワイン、酸味、スモーキー、タンスの消臭剤

味・・・さっぱり、ライト、少し甘く、スモーキー

フィニッシュ・・・スモーキー


【シェリー】

スペイン南西部、アンダルシア地方の特定産地でつくられる酒精強化ワイン。

中枢都市がヘレス市Jerezで、ほかに海沿いのサンルーカル・デ・バラメダ、

プエルト・デ・サンタマリアも主要な町。

なぜアルコールを添加した酒精強化ワインなのかは、大航海時代に、通常のワインでは

長い船旅で変質してしまうためです。

オロロソ・・・発酵の過程で酵母が発生しなかった、または意図的に付けなかった物で、

通年空気に触れることによって酸化熟成されます。また、酵母が無いため、腐敗防止の為に

アルコール度数が高められています。

フルボディで充実度の高いワイン。香りは濃く辛口(パロミノ種)、甘口はペドロヒメネス種

の甘口添加ワイン。アルコールは17〜22度

  

「ウィリアム&ハンバード 12y」


アレクサンダー・ウイリアムズとアーサー・ハンバードによってアンダルシア地方のヘレス

・デ・ラ・フロンテラに設立された世界的にも知名度の高い有名なシェリー醸造所。

ご希望の方のみ、このシェリーを最初に試飲していただきましたが、いかがでしたか?

わたしは常温で試飲して、冷やして試飲してみました。

わたしはちょっと冷やすくらいがスムーズに飲めて楽しめました。常温だと香りは甘く、

酸味(特有)、発酵臭、喩えるならビネガー、醤油の製造所ってトコでしょうか

味は、まだこれからもいろんなタイプのシェリーを試していかないと平均はとれないですが、

スムーズ、塩っぽい、もちろんワインの酸味。冷やすと徐々に香りがたち、紹興酒、ビネガー

、口当たりよくスムーズといった感じでした。わたし個人の意見ですが、オロロソシェリー&

オロロソ樽熟成の試飲はとてもいい勉強になりました。

 「ウィリアム&ハンバード 12y」

  香り・・・発酵臭、ビネガー

  味・・・口当たりよく、塩っぽい

  
フィニッシュ・・・スムーズ

  

番外編に持ち込みキャビア!!

これがまた美味いwアイラモルトに合います



                         ホームページトップヘ

                            
                          


ホームページトップヘ
テイスティングトップへ