2007年8月20日(月)

西新宿AM8:00発の高速バスに乗り 御殿場駅まで約1時間30分。

御殿場駅からタクシーで15分

ついに!!到着しました    富士御殿場蒸留所

              
中へ入っていくと・・・
             
  
      


担当のスタッフの方に、出迎えられご挨拶

そして会議室へ


・・・はっ!?


           


ちゃんと帽子まで、つうー事は・・・ あんなトコやこんなトコまで拝見できるということですかぁ?ウフ

来た甲斐があったってもんだぁー

              


まずは、モニターで富士御殿場蒸留所の歴史や仕込水の説明

海抜620m、年平均気温13℃、緑に囲まれた蒸留所

富士の火山岩を早いもので30年、遅いもので100年かかって

ゆっくりと、ろ過され湧き出る富士の伏流水は硬度55度の軟水

いただきましたよ(=^▽^=) 軟らかく美味しかった♪♪

  

右の写真は原料のサンプル  とうもろこし、ピート、大麦麦芽(モルト)

富士御殿場蒸留所のモルトは、スコットランドの製麦所でピート香をつけたものを輸入しているそうです

それもそのはず、土やピートを国内に持ち込むことは検疫等で厳しいんです

いよいよ、施設内に潜入〜!!

ここでまず、言っておきたい富士御殿場蒸留所のキーワードは、

        『クリーン&エステリー』

このクリーン&エステリー・・・まろやかな口当たりと華やかな香り

飲み易いのに、飲み飽きないこの理想を追い求めて製造されています

粉砕した麦芽に、お湯を加えて糖液を採取する際に、クリーン&エステリーな原酒を作り出すために、

クリアな麦汁だけを使用されています

発酵槽はステンレス製(ウォッシュバックではなく、ファーメンターと書いてありました)

木製を使わないワケをうかがいました

  

中での撮影は禁止のため、ガラス越しでの写真です

左が初留器(ウォッシュスチル)、右が再留器(ローワインスチル) 2×2の4器の蒸留釜です

ランタン型とオニオン型、ラインアームは上向き シーバス・リーガル社の技術と伝統を受け継いだスチル

ここでも『クリーン&エステリー』な原酒を作りたいという思いが伝わります

ちなみに、このスチルのモデルはどこの蒸留所か分かりますか?

はい・・・ストラスアイラ蒸留所だそうです

そして、ハートオブハーツ蒸留法

ミドルカットの幅を狭くすることによって、良質の蒸留液だけを採取

ここの蒸留所、学ぶべき所が満載なんです

写真はないですが・・・ポットスチルの隣には焼酎の蒸留器もありました

そして、何といっても多塔の連続式蒸留機↓↓

  

アナライザー(粗留器)から精留部へと蒸留

左から右へ・・・受け流す・・・♪♪  アロスパス式系なんでしょうか??

そのうえ、バッチ式蒸留機(ケトル&カラム)

          

さらに、ビアカラム&タブラーも・・・

        

何を言いたいのかと言うと、多様なタイプのグレーンウィスキーを製造しているということなんです


本当に凄く勉強になります。どこの蒸留所もそれぞれの考え、情熱、理想があって製造されているんです

そしてここではバーボンの世界も垣間見れます(フォアローゼスの技術も)

それに、ジンの製造法もうかがいました

ところで、この蒸留所で製造しているジンの銘柄は何でしょう?

・・・バーネットジンです


蒸留所の屋上に行きました

一度、肉眼で拝みたかった富士山・・・

なのに・・・
       

・・・雲に隠れている(号泣)

この夏の時期、富士山は近くからだと朝しか見ることが出来ず、雲が発生して見えなくなるそうです

なので・・・
       

この写真を見て、はっ!?と思った方は KIRIN富士山麓 通です

スタッフの方から言われるまで、わたしは気づきませんでした

       



そして、次は樽熟成へ


  

ここ富士御殿場蒸留所は、アメリカンホワイトオークのバーボン樽の空き樽180gしか使用しません

ホグスヘッドも使わないそうです

さらに、バレルエントリー・・・加水して樽詰めする時のアルコール度数は50.5%!!

一般には、約63%と聞いていたが・・・このワケもうかがいました

また使用するバーボン樽はフォアローゼスの空き樽です。ちなみに、リチャー無しだそうです

熟成庫の中に潜入!!

「ここ入るんですか??」 とジャングルジムみたいな所を通り抜け・・・

  

「フラッシュ無しでお願いします」 と言われ撮影 ^^;

寝ているコを起こしちゃいけないですからね ^^

何だか、分かります?

高さ25mの高層ラック式  凄いんです

私がいままで見学に行った蒸留所はダンネージ式の3段

初めて見ました・・・20段ほどはあるんでしょうか?

ちなみに、スコットランドの蒸留所ではジュラ蒸留所で10段ほど

        

払い出しして空になった樽を再利用するために、これからチェックです

  

蒸留所内のみ樽を運ぶトラック。 だから、ナンバーがありません。空樽は立てて運びます

そして・・・突然の試飲 イヤイヤイヤ♪♪


      

うめぇーー ( ̄∀ ̄*)ニヤり☆


     

最高〜〜 o(^▽^)o


     

スイスイっと (=^▽^=)


この試飲はまだ・・・序の口でしたノデアリマス

一通り所内の説明を終え、会議室に戻る。 部屋に入るとそこには・・・

      

うっひょーー♪♪

ってか、理科室みたいデス

モルト、グレーン、ニューポット・・・他社の製品まで

一つずつ説明を受け、香りを嗅ぎ、テイスティング。加水して20%にアルコール度数を落としてあるので、

アルコールの刺々しさは感じない

「どうぞ」

      

シングルグレーン15年!!

まいう〜〜 (*σ´∀`)σ


「どうぞ」

      

富士山麓 50%

飲み易く、スッキリした味 Ψ( ̄∀ ̄)Ψ

さらに・・・


「どうぞ」

      

シングルモルト 富士山麓18年

たまんねぇーーっす (=^▽^=)


「他社のモノと比べてみてください」

と、アレやコレも試飲・・・


もう、どんだけ〜〜 (/∀\)イヤン!


      

どんだけ〜〜〜 [o´艸`o]。o○


あっ、やっぱり最後は酔っ払い記事になってしました(謝)

KIRINさん本当にお世話になりました。ただのウィスキー好きな者に親切なご説明、細かいところまで

拝見させていただき、さらにお土産までも・・・感謝の気持ちでいっぱいです

職人さんの大変さ、熱意を感じることが出来ました

今度は富士山の見える時期に見学に行きたいと思います

本当にありがとうございました


『キリンディスティラリー株式会社 富士御殿場蒸留所』

仕込から瓶詰めまで一貫して行う蒸留所

クリーン&エステリーなウィスキーを追い求める

設立年 1972年
操業開始年 1973年
仕込水 富士の伏流水 硬度55mg/L
初留器 2基 ランタン型
再留器 2基 オニオン型
樽詰 50.5%
樽材 アメリカンホワイトオーク(フォアローゼス)180gのみ
熟成庫 ラック式

    



                           ページトップへ

                       ホームページトップヘ  

蒸留所巡りトップヘ

ホームページトップヘ
富士御殿場蒸留所