用語集トップへ

  た・な   や・ら・わ

カスクストレングス…樽出しの状態のアルコール度数で瓶詰めされたものをいう。
          通常は加水して40%程で
瓶詰めされるが、
          カスクストレングスは加水せずそのまま瓶詰めしたもの
で、
          50〜60%程の強さがある。



カフェグレーン
…ニッカ 仙台・宮城狭蒸留所に1960年代に導入されたスコット
         ランド製のコフィースチル。
        最新式の蒸留機に比べるとコクのある、やや重厚なグレーン

        ウィスキーを造ることが可能。
        ニッカウヰスキーでは最近 大麦麦芽のみを
使って
        コフィースチルで蒸留した『カフェモルト』を出して
        話題になった。



カラメル
…ボトリングの際 ウィスキーの色を調整するために添加が許可されて
     いる。着色物質でスコッチの場合は天然カラメルのみ添加が法的に
     許されている。
     

     ※
バーボンウィスキー(ストレートバーボン)はボトリングの際に
      水以外の一切の
添加物は許されていない


キルン
…麦芽乾燥塔。
    グリーンモルトの乾燥を行う設備で、キルン塔の屋根のデザインは
    東洋的なパゴダ状になっている 。
    これはヴィクトリア時代1837〜1901年)の流行で、
    パゴダ屋根は スコットランド蒸留所のシンボル的なものとなっている。
    
    ※
パゴダ屋根の設計者はチャールズ・ドイグ。


クッカー
…糖化槽。バーボンではマッシュタンとは言わず、クッカーという。
      バレルエントリー…バーボンは蒸留を160プルーフ未満を義務化
     されている。125プルーフ以下に蒸留所は加水して樽詰めを行う。
     この度数をバレルエントリーという



クーパー
…樽職人。
     樽だけではなくウォッシュバックなどの製造・修理も行う。



グレーンウィスキー
…トウモロコシなどを主原料に連続式蒸留機で蒸留した
          ウィスキー

          モルトウィスキーに比べると、マイルドで飲みやすいが、
          個性に乏しい。
          その性質から『サイレントスピリッツ』と呼ばれる。
          ほとんどはブレンド用に使われる。

         
         ※
またモルトウィスキーは『ラウドスピリッツ』と呼ばれる。


ゲール語
…ケルト民族の言語で、アイルランド、スコットランドの民族言語。



コフィースチル…
1831年にイーニアス・コフィーが発明(改良)した連続式蒸留
         機
その際パテント(特許)を取ったことから
         パテントスチルともいう。



コーン…トウモロコシ 大別するとフリントコーン、デントコーン、ポップコーン、
     スウィートコーンの4種類。
     バーボンに使用されるのはデントコーン。デント「歯」もしくは「凹み」
     のこと



ゴールデンプロミス種
1960年代にウィスキーに適したものとして開発された
             大麦の品種。


コンデンサー
…気化したアルコール蒸気を再び液化させる冷却装置。
       現在は多くの蒸留所が
『シェル&チューブ』と呼ばれる垂直型の
        コンデンサーを使用している。


       た・な   や・ら・わ       用語集トップへ 

                    ホームページトップへ                              

ホームページトップへ